ホワイトニングの効果やケアについてご紹介しています

ホワイトニングでタバコのヤニはどれぐらい取れる?

タバコのヤニはどれぐらい取れる? タバコのヤニは歯の黄ばみの大きな原因のひとつですが、時間がたつにつれて普通の歯磨き粉では落としにくくなります。そこで専用の歯磨き粉があります。これは歯に付着したヤニ汚れを浮き上がらせて歯磨きにより落としやすくします。また、ヤニを削らずに分解することにより歯を傷つけないタイプもあります。時間は多少かかるものの家で手軽にできることがメリットといえます。
歯科医院にお願いする場合は2種類あります。まず、オフィスホワイトニングです。これは、濃度の高い薬剤を使用する方法で歯科医院で行います。短期間で歯を白くすることができるのがメリットです。次はホームホワイトニングです。これは歯の型をとって専用のマウスピースをつくります。
そのマウスピースに薬剤を自分で塗って装着して行います。毎日継続することにより徐々に歯が白くなります。マウスピースをつくってしまえば、薬剤を購入して家でできるため経済的なことがメリットです。
ただ、ホワイトニングだけではタバコのヤニは落ちにくいこともあるようです。まず、歯科医院などで歯のヤニ汚れなどをきちんと取ってもらってからホワイトニングすることが効果的に歯を白くする方法といえるでしょう。

ホワイトニング後に再びタバコのヤニをつけないための注意点

ホワイトニング後に再びタバコのヤニををつけないための注意点 しつこいタバコのヤニの汚れを歯から取り除くために有効なのは歯のホワイトニングです。ホワイトニングは歯科クリニックで行うもので、高濃度の薬剤を使用して短時間で歯を白くしてくれますが、自由診療のためクリニック毎に費用が異なります。
ホワイトニングの一般的な相場は5万円前後と言われており、決して安いものではありません。せっかく高い費用を支払い白くしたからには、再びタバコのヤニをつけないように注意することが大切です。
まず一番大切なことは、ホワイトニング直後の歯は通常以上に色が付きやすい状態になっているので、少なくとも丸一日は禁煙することが重要です。翌日以降は喫煙しても問題ありませんが、喫煙後は口の中にヤニが残っているため、喫煙者は非喫煙者よりも歯に色が付きやすくなっています。
喫煙後はヤニ取り効果の高い歯磨き粉で歯を磨くことを習慣づけるように心がけ、歯を磨けない場合は口をゆすぐクセをつけるようにしましょう。

新着情報

◎2018/4/5

ホワイトニングをした方が良い人
の情報を更新しました。

◎2018/2/1

虫歯の変色は取れる?
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイト公開しました

「ホワイトニング タバコ」
に関連するツイート
Twitter